World Robot Summit

2018年10月17日 - 10月21日開催 World Robot Summit 2018 | 2020年8月・10月開催 World Robot Summit 2020

インフラ・災害対応

この競技は、インフラ、災害予防・対応の分野での問題解決を図り、
ロボットを使用したプラント災害予防やトンネル災害対応といった、
特別困難な課題を達成することを目的としています。
人々の間でロボットに関連したコンセンサスを構築します。
トンネル災害に対応する世界初の競技です。

インフラ・災害対応 競技委員会 委員長

田所 諭

東北大学大学院 情報科学研究科 教授

忘れられないあの日、激しい揺れは私の双肩を鷲掴みにし、四つん這いになることすらできなかった。生きることと死ぬことは紙一重だった。助からなかった命のこと、かろうじて助かった命のこと、助けようとして見殺しにせざるを得なかった命のこと、それが身近な出来事となってしまったあの日。人が幸せな日常を生きていたいと願う、そんなかすかな望みを、ロボティクスは繋いでくれるのか。災害で命を失わないために、安全で安心して暮らせる社会のために、ロボティクスはどんな価値をもたらしてくれるのか。それがこの競技のテーマである。


プラント災害予防チャレンジ

概要

定められた基準に従ったインフラの点検またはメンテナンスをします(例:バルブの開閉)。
ルール設定等詳細情報は競技参加者の決定後、通知します。

タスク1
日常点検/設備調整

タスク2
異常検知

タスク3
設備診断

タスク4
災害対応

タスク1
日常点検/設備調整

指定された場所にあるメーターなどの数値をカメラにより視認し、指定された場所にあるバルブなどを調整します。

タスク条件

移動
通路(部分的に狭くなっている)、階段、パイプ。素材はコンクリートなど。
センシング/操作
対象は事前に特定されたメーターやバルブ等。ロボットはプレインストールされたセンサーや両手を使ってもよい。
環境
様々な設備を備えた、通常の状態のプラント

チャレンジ
フィードバックタイプのオペレーション(メーターを読んでバルブを調整する)


採点
実用可能なスピードと正確性

タスク2
異常検知

発生場所が不明なパイプラインの異常音・振動を測定し、結果を報告します。

タスク条件

移動
タスク1と同じ
センシング/操作
異常が起きている位置は特定されていない。位置は競技委員会によって特定される。ロボットはプレインストールされたデバイス(既製品、または自作品)を使用してもいい。
環境
タスク1と同じ

チャレンジ
異常が検知される位置は不明。障害測定デバイスのロボットとの融合。


採点
実用可能なスピードと正確性

タスク3
設備診断

タンクや煙突などの大規模構造物を対象とし、設備の健全性を診断します。

タスク条件

移動
タスク1と同じ
センシング/操作
診断対象は大きな構造物。診断対象は競技委員会によって事前に特定される。ロボットはプレインストールされたデバイス(既製品、または自作品)を使用してもいい。
環境
タスク1と同じ

チャレンジ
広範囲にわたる操作。診断デバイスのロボットとの融合。


採点
実用可能なスピードと正確性

タスク4
災害対応

点検中に発生した事故への対応。事故原因の調査・対応を環境外乱(例:煙、爆発によるガレキの散乱)の下で行います。

タスク条件

移動
タスク1 + 瓦礫
センシング/操作
操作対象タスク1とタスク2と同様。また災害対応で使われたもの(消火栓)。
環境
災害発生時の状態(煙、水、油、瓦礫などで周囲の状況がよくわからない状態)

チャレンジ
不確定な状況で多岐にわたる操作


採点
実用化できるレベルのスピードと正確性


トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ

概要

トンネル災害における情報収集、緊急対応(人命救助、車両排除等)。
ルール設定等詳細情報は競技参加者の決定後、通知します。

タスク1
障害の走破

タスク2
車両調査

タスク3
道具を使用した車両内の
調査と救助

タスク4
経路の確保

タスク5
消火作業

タスク6
ショアリング、ブリーチング

タスク1
障害の走破

不整地、狭隘空間を移動します。

チャレンジ
重作業用ロボットが障害物を取り扱う際の機動性


採点
実用レベルのスピードと正確さ

タスク2
車両調査

車両の内部、外部、および周辺(トンネル)を調査します。

チャレンジ
狭く入り組んだ暗い場所の視認点検調査


採点
実用レベルのスピードと正確さ

タスク3
道具を使用した車両内の調査と救助

道具を使用した車両内の調査と要救助者を車両から救助します。

チャレンジ
人間に対する道具の使用。人体の扱い。


採点
実用レベルのスピードと正確さ

タスク4
経路の確保

指定の経路内にある障害物を押し出し、引き抜き、移動させます。

チャレンジ
重心がわからないL字型の障害物の取り扱い


採点
実用レベルのスピードと正確さ

タスク5
消火作業

トンネル内の消火栓を使用して消火活動を行います。

チャレンジ
様々な消火タスク能力(柔軟物体としてのホースの取り扱い、ノズルとホースの接続など)、放水の反動力への対応能力。


採点
実用レベルのスピードと正確さ

タスク6
ショアリング、ブリーチング

ガレキの下敷きとなっている車両の内部を調査し、車両上部から安定化作業と穿孔作業をして車両内の要救助者を救助します。

チャレンジ
広域にわたる災害救助(大きな反動力のあるツールを人間に対して使用する、狭いスペースでの捜索、人体の取り扱い)


採点
実用レベルのスピードと正確さ

※ロボットは競技委員会が選定したプラットフォームロボット、または独自に製作したロボットとなります。

採択されたプラットフォームロボット

  • WAREC-1
    (早稲田大学)

  • 双腕型ロボット
    (大阪大学)

詳細はこちら

災害対応標準性能評価チャレンジ

概要

災害予防・対応で必要となる標準性能レベルの評価をします。
(例:移動能力、センシング、情報収集、無線通信、遠隔操作、現場展開、耐久性、など)
ルール設定等詳細情報は競技参加者の決定後、通知します。

タスク

インフラ災害予防・対応のための標準性能評価法(STM)をここで開発し、都市における捜索と救助および爆発物処理のための現在のNIST のSTM と相互に補完し合うものとなります。

課題イメージ

お問い合わせ

World Robot Summitに関するお問い合わせは、
下記e-mailまでお問い合わせください。

info@worldrobotsummit.org