World Robot Summit

2018年10月17日 - 10月21日開催 World Robot Summit 2018 | 2020年8月・10月開催 World Robot Summit 2020

ものづくり

「迅速な一品ものづくりを目指して」

このカテゴリーは、様々に変化する生産要求に(究極には一品物の生産要求にさえ)、
迅速かつ無駄なくスリムに対応できるシステムを構築することにより、
未来の生産システムを実現することを目的とします。

ものづくり競技委員会 委員長

横小路 泰義

神戸大学大学院 工学研究科 教授

1980年代から世界的に急速に普及した産業用ロボットは、ものづくりの分野で大きな役割を果たしてきました。しかし「繰り返しは正確だが融通が利かない」これまでの産業用ロボットは、大量生産時代には効率的でしたが、昨今の多品種少量生産の要求に応えることが難しくなってきました。特に組み立て作業は、パーツフィーダーや冶具などの周辺機器の準備に手間がかかり、精密なはめ合わせには注意深い教示が必要なため、そもそもロボット化が難しい作業であり、現在でも多くの組立作業が人手に頼っています。ところが、最近は国内外で労働者不足や労働力のコストアップが問題となっており、多品種少量生産にも対応可能なロボットシステムの実現が望まれています。

以上の背景のもと、WRSものづくりカテゴリーでは、与えられた製品情報からすぐさま動作手順を自動生成し、柔軟部品を含む様々な部品の認識、把持、組立ができるロボットシステム、究極的には「迅速な一品ものづくり (agile one-off manufacturing)」、すなわち教示レス、冶具レスで段取り替えを素早く行って、 一度限りの製品であっても効率的に組立が可能なロボットシステムを目指し、その性能を競います。


製品組立チャレンジ

参加登録:2018年1月下旬開始予定

概要

工業製品等の組立に必要な技術要素を含んだモデル製品を組み立てるための
ロボットシステムを迅速にかつ無駄なく立ち上げて、
そのモデル製品を素早く正確に組み立てることを競います。

タスク
ベルトドライブユニット

テクニカルチャレンジ(一部変更の可能性があります)

2017年のトライアルタスク(IROS2017の2nd Robotic Grasping and Manipulation Competitionの中で実施)の対象製品であったギヤユニットよりもさらに複雑なモデル製品として、ベルトドライブユニットを組み立てます。

「迅速な一品ものづくり」を目指すため、2018年の競技では事前に告知した製品の組み立てだけでなく、部品の一部を競技の直前になって初めて開示する「サプライズパーツ」に置き換えた製品も組立ることが求められます。また製品組立競技に先立って、ベルトドライブユニットの組立に必要な要素作業の能力を評価する「タスクボード」と組立作業の前に必要なタスクである「キッティング」を行います。

2018年のタスクにおける技術的な課題としては、

  • クリアランスの小さい部品のはめ合い
  • 部品の認識
  • 冶具レスでの組立

という、ギヤユニットからそのまま引き継いだものに加え、ベルトドライブユニットで新たに加わった課題としては、

  • 柔軟部品(ベルト、ケーブル)
  • 3部品同時組立
  • 微細部品(M3イモネジなど)
  • サプライズ部品にも迅速に対応

が挙げられます。


ロボットのレイアウトの一例

(マニピュレーター:ペイロード5kg、最大リーチ700mm)

お問い合わせ

World Robot Summitに関するお問い合わせは、
下記e-mailまでお問い合わせください。

info@worldrobotsummit.org